2018年10月11日

私権の内容

次の権利が私権とされているが、その具体的内容をひとつひとつ確認していこう。

財産権
経済的価値を有する財貨による生活上の利益を内容とし、主に物権と債権が中心となる。その他、鉱業権、漁業権、特許権なども財産権とされている。

身分権
親子、配偶者、親族などの身分的地位に伴う生活上の利益を内容としている。

人格権
人の生命、身体、自由、名誉、プライバシーなど、人格そのものと分離することができない生活上の利益を内容としている。

社員権
団体の一員としての権利である。例えば株式会社の株主としての地位を意味している。

支配権
他人を解すること無く、権利者が直接に支配できる権利のことである。例えば、物権である所有権を有するものはその目的物について、使用、収益、処分をすることができ、この行為について他人を解する必要はない。

請求権
特定の人に対してある行為を要求することができる権利のことで、債権がその典型例である。

形成権
新たな法律関係を形成する法律的な力のことである。取消権や解除権がその典型例である。

posted by 判例六法ラノベ化プロジェクトチーム at 23:46| 民法