2020年02月12日

0028民法1−7 意思表示 行政書士試験過去問



AがBに対して、A所有の動産を譲渡する旨の意思表示をした。

Aが、被保佐人であり、当該意思表示に基づく譲渡契約の締結につき、保佐人の同意を得ていない場合、A及び保佐人は、常に譲渡契約を取り消すことができる。


胡桃「10秒で答えてね。よーいどん!」

建太郎「おう」

1秒

2秒

3秒

4秒

5秒

6秒

7秒

8秒

9秒……

胡桃「10秒経過。どうかしら?」

建太郎「被保佐人の譲渡行為が常に、取り消しうるわけではないよな。次の条文にある通り……」

(保佐人の同意を要する行為等)
第十三条 被保佐人が次に掲げる行為をするには、その保佐人の同意を得なければならない。ただし、第九条ただし書に規定する行為については、この限りでない。
一 元本を領収し、又は利用すること。
二 借財又は保証をすること。
三 不動産その他重要な財産に関する権利の得喪を目的とする行為をすること。
四 訴訟行為をすること。
五 贈与、和解又は仲裁合意(仲裁法(平成十五年法律第百三十八号)第二条第一項に規定する仲裁合意をいう。)をすること。
六 相続の承認若しくは放棄又は遺産の分割をすること。
七 贈与の申込みを拒絶し、遺贈を放棄し、負担付贈与の申込みを承諾し、又は負担付遺贈を承認すること。
八 新築、改築、増築又は大修繕をすること。
九 第六百二条に定める期間を超える賃貸借をすること。
2 家庭裁判所は、第十一条本文に規定する者又は保佐人若しくは保佐監督人の請求により、被保佐人が前項各号に掲げる行為以外の行為をする場合であってもその保佐人の同意を得なければならない旨の審判をすることができる。ただし、第九条ただし書に規定する行為については、この限りでない。
3 保佐人の同意を得なければならない行為について、保佐人が被保佐人の利益を害するおそれがないにもかかわらず同意をしないときは、家庭裁判所は、被保佐人の請求により、保佐人の同意に代わる許可を与えることができる。
4 保佐人の同意を得なければならない行為であって、その同意又はこれに代わる許可を得ないでしたものは、取り消すことができる。

建太郎「設問で問題になっているのは、『三 不動産その他重要な財産に関する権利の得喪を目的とする行為をすること。』だな。重要な財産に該当しなければ、問題ないということだ」




本試験の得点は過去問以外の問題をどれだけ解いたか決まる!


□ オリジナル問題集で過去問の死角を無くそう

本書は、司法書士、行政書士試験、あるいは公務員試験を目指す方に合わせたオリジナル問題集です。

試験で問われる可能性が高い分野はすべて網羅しており、すべての問題に詳細な解説を付して、何を覚えるべきなのか、注目すべきポイントを明確に示しています。

解説をしっかりお読みいただくことによって、過去問の死角を無くすことができます。

さらに、肢別形式になっていることも特長です。
スマホ等で隙間時間にチェックするのに最適な文章量なので、暗記カード的にご利用いただくこともできます。


□ 民法



【司法書士・行政書士・公務員試験対応】民法改正法 肢別100問ドリル オリジナル問題集 1  暗記カード式法律問題集

【司法書士・行政書士・公務員試験対応】民法改正法 肢別100問ドリル オリジナル問題集 2 暗記カード式法律問題集


□ 憲法



【司法書士・行政書士・公務員試験対応】憲法 肢別100問ドリル オリジナル問題集 1 暗記カード式法律問題集

【司法書士・行政書士・公務員試験対応】憲法 肢別100問ドリル オリジナル問題集 2  暗記カード式法律問題集

【司法書士・行政書士・公務員試験対応】憲法 肢別100問ドリル オリジナル問題集 3  暗記カード式法律問題集

【司法書士・行政書士・公務員試験対応】憲法 肢別100問ドリル オリジナル問題集 4  暗記カード式法律問題集

【司法書士・行政書士・公務員試験対応】憲法 肢別100問ドリル オリジナル問題集 5  暗記カード式法律問題集


□ 行政法



【行政書士・公務員試験対応】行政法 肢別100問ドリル オリジナル問題集 1 暗記カード式法律問題集

【行政書士・公務員試験対応】行政法 肢別100問ドリル オリジナル問題集 2  暗記カード式法律問題集



posted by 判例六法ラノベ化プロジェクトチーム at 20:03| 行政書士試験肢別過去問