2019年02月19日

権利の主体 1−1 司法試験入門 択一式民法

「最近の宅建士試験や行政書士試験とかの過去問を研究していると、司法試験の過去問をブラッシュアップして作成しているんじゃないかと思われる問題が、いくつか見当たるのよね」
胡桃の言葉に建太郎は瞠目した。
「まさか、いくら何でも難易度が高くなっていても、司法試験レベルの問題は出ないでしょ」
「資格スクールとかで、しっかり勉強している受験生が増えているから、一昔前よりも、受験生のレベルも上がっているのよ。となれば、問題も難しくしていくしかないでしょ」
「でも、さすがに、司法試験はないんじゃない……」
「とりあえず、宅建士試験や行政書士試験の過去問を全部やってしまって、やる問題がなーいならば、司法試験の問題も、ちょっとやってみるのもいいと思うわ。軽いトレーニングにね」
「軽いトレーニングだって?」
「早速、最初の問題から」


次の記述のうち、正しいものはいくつあるか。

1、未成年者の法定代理人は、未成年者の了解を得なくても、また、やむをえない事情がない場合でも、復代理人を選任できる。
2、未成年者が、単独で売買契約を締結した後、成年に達してから、代金を受領すると、この契約は追認されたものとみなされる。
3、未成年者が、口頭による贈与契約を書面によらないものであることを理由に取り消す場合、法定代理人の同意が必要である。
4、未成年者が、単独で売買契約を締結して内金を受領した後で、この契約が取り消された場合でも、内金を生活費に充てた場合は、内金相当額を返還する必要はない。
5、未成年者が小売商の営業許可を受けていたが、営業に堪えない事跡があるため、法定代理人がその許可を取り消した場合でも、未成年者はその営業に関して、既に為していた商品の仕入れの申し込みを、制限能力を理由として取り消すことはできない。

胡桃「司法試験としては、最も優しいレベル問題だわ」
建太郎「えっ……。これが優しいの……」
続きを読む
posted by 判例六法ラノベ化プロジェクトチーム at 08:33| 司法試験入門問題

2019年02月20日

権利の主体 1−2 司法試験入門 択一式民法

次の記述のうち、正しいものはいくつあるか。

1、失踪宣告の審判が確定すると失踪宣告が為された時から、失踪者は死亡したものとみなされる。
2、失踪宣告の請求は検察官がすることはできない。
3、失踪宣告が取り消されても取り消しの効果は善意でした行為に影響を及ぼさない。
4、失踪宣告を受けた者の配偶者が失踪宣告後に別人と再婚した場合において、失踪者の配偶者であった者が失踪者の生存について悪意であった場合、その婚姻は無効である。
5、失踪宣告を受けた者が生存していることが判明しても、それだけでは失踪宣告の効果は否定されない。


建太郎「うん……。最近の行政書士試験かなんかで、似たような問題を見たことがあるような気がするな」
胡桃「そうでしょ。だから、最近の宅建とか行政書士試験は旧司法試験の問題を参考にしているんじゃないかということよ」
続きを読む
posted by 判例六法ラノベ化プロジェクトチーム at 09:03| 司法試験入門問題

2019年02月21日

権利の主体 1−3 司法試験入門 択一式民法 オリジナル問題

甲が失踪していたので、配偶者乙の申し立てにより失踪宣告が為されたが、その後、甲が生存していることが判明し、失踪宣告が取り消された。この場合に関する次の記述のうち、正しいものはいくつあるか。

1、乙は失踪宣告により、相続した財産を時効取得することはできない。
2、乙と甲の父母との姻族関係は、失踪宣告によって当然には終了しない。
3、甲の失踪宣告により、国庫が恩給支給を免れていた場合、失踪宣告の取り消しにより、国庫は甲に対して財産の返還義務を負う。
4、甲の生存について悪意の乙は、甲の預金債権を相続し、その全部を遊興費に使用した。この場合において、乙はその金額に利息を付して返還しなければならない。
5、乙は、失踪宣告により相続した不動産を失踪宣告が取り消される前に、丙に譲渡した。乙が甲の失踪について悪意であったとしても、丙が甲の生存について善意だったなら、丙は当該不動産を取得することができる。


胡桃「これも難しくはないわね」
建太郎「司法試験というと短答式の問題文もやたらと長いイメージだけど、そうでもないんだな」
胡桃「ただ、短くても、引っ掛かりやすい問題もあるわよ」
続きを読む
posted by 判例六法ラノベ化プロジェクトチーム at 08:32| 司法試験入門問題