2019年05月15日

権利の変動 1−41 #司法試験 入門 択一式 #民法 オリジナル問題

次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、AはBの代理人として、B所有の不動産を売却する権限を有していた。Aは、右不動産をCに売却し、代金を借金の返済に充てた。Aに自己の利益のために行動する権限はなく、右行為は無権代理行為となるから、CがAの無権代理について、善意無過失であれば、CはBに対して、右不動産の引渡しを請求することができる。

2、Aは、何ら権限がないにもかかわらず、Bの代理人として、B所有の不動産をCに売却した。その後、Bが死亡したので、Aは他の相続人Dと共にBを共同相続した。AがBの立場で、追認拒絶することは信義則上許されないから、Dが追認拒絶すると右不動産は、CとDの共有となる。

3、Aは、何ら権限がないにもかかわらず、Bの代理人として、B所有の不動産をCに売却した。その後、Aが死亡したので、Bは他の相続人Dと共にAを共同相続した。さらに、Bも死亡したので、DはBも相続した。この場合、Dは追認拒絶できないから、無権代理行為は当然に追完される。

4、Aは、何ら権限がないにもかかわらず、Bの代理人としてB所有の不動産をCに売却した。Aの無権代理行為について、善意無過失であったCが、Bに対して、追認するよう催告したが、Bは追認を拒絶した。その後、AがBを単独で相続した場合は、無権代理行為は、当然、追完される。

5、Aは、Bから同人所有の土地に抵当権を設定する代理権を授与された。しかし、Aは、Bに成りすまして、Cに右土地を売却した。Cが過失なくしてAをBと信じた場合は、CはBに対して、土地の引き渡しを請求することができる。


胡桃「これも基本問題だわ」
建太郎「むむっ……。設定が長いな」
続きを読む
posted by 判例六法ラノベ化プロジェクトチーム at 21:45| 司法試験入門問題

2019年05月14日

権利の変動 1−40 #司法試験 入門 択一式 #民法 オリジナル問題

次の記述のうち、誤っているものはどれか。


1、本人が無権代理人の締結した契約の履行を相手方に対して要求する行為は、法定追認に当たる。

2、無権代理人が締結した契約の一部の取消しを認めると法律関係が複雑になるので、相手方は契約の一部を取消すことができない。

3、無権代理人の行った法律行為が虚偽表示に当たり、無効な場合でも、本人は無権代理行為を追認することができる。

4、無権代理人が未成年者の場合でも、無権代理行為を行うについて、親権者の同意を得ていた時は、無権代理人の責任を負う。

5、無権代理行為の相手方が本人に追認を催告したが、相当期間内に追認の意思表示が相手方に到達しない場合は、本人は追認を拒絶したものとみなされる。


建太郎「むむっ……。簡単そうに見えて、難しくないか?」
胡桃「どれも重要な論点だから、一つ一つ確認していくわよ」
続きを読む
posted by 判例六法ラノベ化プロジェクトチーム at 20:41| 司法試験入門問題

2019年05月10日

権利の変動 1−39 #司法試験 入門 択一式 #民法 オリジナル問題

次の記述のうち、誤っているものはどれか。


1、乙は、かつて、甲の代理人だったが、甲の代理人として、丙に甲所有の不動産を売却する契約を締結した。甲はこれ幸いと、丙に不動産を引き渡す準備をした。
これに対して、丙は売買契約時は乙の無権代理について善意であったが、後に乙の無権代理行為をしり、売買契約を取消した。この場合は、甲は乙の無権代理行為を追認し、丙に売買代金の支払いを請求できない。一方、丙は乙に対して無権代理人の責任を追及できる。

2、甲は乙から土地の贈与を受けた際にその土地の所有権移転登記手続きのために、実印、登記済証等の交付を受けた。しかし、甲は登記手続きをせずに、これらの実印を利用し、乙の代理人として丙との間で金銭消費貸借契約を締結した。
甲の無権代理行為について、丙が善意無過失であれば、丙は、乙に対して、金銭の返還を請求することができ、また、甲に対して無権代理人の責任を追及することができる。

3、甲法人の理事乙は、土地を売却する場合に役員会の承認を要求する甲法人の定款に違反して、役員会の承認がないにもかかわらず、甲法人を代表して、丙に土地を売却した。
この場合は、丙が甲法人の定款の存在について、善意である場合は、丙は甲に対して、土地の引き渡しを請求することができる。また、丙が甲法人の定款について悪意である場合でも、甲に対して、土地の引き渡しを請求できる場合がある。


建太郎「むむっ……。やたらと設定の多い問題だな」
胡桃「それでも、基本問題だわ」

続きを読む
posted by 判例六法ラノベ化プロジェクトチーム at 20:09| 司法試験入門問題

2019年05月09日

権利の変動 1−38 #司法試験 入門 択一式 #民法 オリジナル問題


次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1、乙の店でパートの仕事をしていた甲は、代理権がないにもかかわらず、白紙委任状を偽造したうえで、乙の代理人と称して丙に乙所有の不動産を売却する契約を締結した。甲に代理権がないことについて、丙が善意、無過失だったとしても丙は乙に対して、不動産の引渡しを請求できない。

2、乙の店でパートの仕事をしていた甲は、代理権がないにもかかわらず、白紙委任状を偽造したうえで、乙の代理人と称して丙に乙所有の不動産を売却する契約を締結した。甲に代理権がないことを知らないことにつき、丙に軽過失があるにすぎない場合でも、丙は甲に対して無権代理人の責任を追及することはできない。

3、甲と乙は共同で事業を行っており、甲は乙から一定の業務行為について、代理権を与えられていた。しかし、甲は、乙から与えられた代理権の範囲を超えて、乙の代理人として丙に乙所有の不動産を売却する旨の契約を締結した。丙が甲に当該不動産を売却する権限がないことについて、善意無過失であれば、丙は乙に対して、不動産の引渡しを請求できる。

4、甲と乙は共同で事業を行っており、甲は乙から一定の業務行為について、代理権を与えられていた。しかし、甲は、乙から与えられた代理権の範囲を超えて、乙の代理人として丙に乙所有の不動産を売却する旨の契約を締結した。甲の権限踰越行為を知らないことについて丙に軽過失がある場合でも、丙は乙に対して使用者責任に基づく損害賠償請求ができる。


胡桃「これも簡単だわ」
建太郎「えっ……。簡単か?」

続きを読む
posted by 判例六法ラノベ化プロジェクトチーム at 20:22| 司法試験入門問題

2019年05月08日

権利の変動 1−37 #司法試験 入門 択一式 #民法 オリジナル問題

次の記述のうち、間違っているものはどれか。

1、無権代理行為に対する本人の追認は、契約の時に遡ってその効力を生じるから、追認の効力の生じる時点を別段の意思表示により変更することはできない。

2、無権代理行為の相手方は、取消権を行使すると以後、無権代理人の責任を追及できない。

3、相手方のない単独行為について、無権代理行為がなされた場合は、当該行為は、常に無効となる。それに対して、相手方のある単独行為について、無権代理行為がなされた場合は、当該行為が有効となる場合がある。

4、無権代理行為の相手方が催告をした場合は、相当期間内に本人が確答しないときは、本人は追認したものとみなされる。

5、無権代理による契約の相手方は、契約当時に代理権がないことにつき、善意であれば、代理権のないことを過失により知らなかったとしても、取消権を行使できる。


胡桃「これも簡単だわね」
建太郎「えっ……。簡単か?」
続きを読む
posted by 判例六法ラノベ化プロジェクトチーム at 09:20| 司法試験入門問題

2019年04月25日

権利の変動 1−36 #司法試験 入門 択一式 #民法 オリジナル問題

次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、甲の息子乙は、代理権がないにもかかわらず、甲の代理人と称して、甲所有の不動産を丙に売却した。その後、甲が死亡し、乙が甲を相続した場合、乙は無権代理行為の追認を拒絶できる。

2、甲の息子乙は、代理権がないにもかかわらず、甲の代理人と称して、甲所有の不動産を丙に売却した。その後、乙が死亡して、甲が乙を相続した場合は、甲は無権代理行為の追認を拒絶できる。

3、甲の息子乙は、代理権がないにもかかわらず、甲の代理人と称して、甲所有の不動産を丙に売却した。その後、甲は、無権代理行為を追認しない旨を丙に表示した後で、死亡した。乙が甲を相続した場合は、無権代理行為は有効となる。

4、甲の息子乙は、代理権がないにもかかわらず、甲の代理人と称して、甲所有の不動産を丙に売却した。その後、甲が死亡し、乙と甲の妻丁が甲を共同相続した。丁が無権代理行為の追認を拒絶した場合でも、乙の相続分の限度で、無権代理行為は当然に有効になる。

5、甲の息子乙は、代理権がないにもかかわらず、甲の代理人と称して、甲所有の不動産を丙に売却した。その後、乙が死亡し、甲と甲の妻丁が乙を共同相続した。さらに甲も死亡して、丁が甲を相続した場合は、丁は無権代理行為の追認を拒絶できない。



胡桃「これは何の問題か分かるわね」
建太郎「無権代理と相続の問題だな。いくつかの判例があったと」

続きを読む
posted by 判例六法ラノベ化プロジェクトチーム at 09:00| 司法試験入門問題

2019年04月24日

権利の変動 1−35 #司法試験 入門 択一式 #民法 オリジナル問題

Bは、代理権がないにもかかわらず、Aの代理人と称して、Cとの間でA所有の不動産を売却する契約を締結した。
この場合に関する次の記述のうち、間違っているものはどれか。

1、Cが、Bに代理権がないことについて、善意の場合は、Cは、Bとの契約を取消すことができるが、悪意の場合は取消すことができない。

2、AがBC間の売買を追認した場合は、別段の特約のない限り、契約の効果は、契約締結時に遡って、Aに帰属する。

3、Aは、Cから相当期間を定めて追認するかどうか催告されたが、催告期間を徒過した。この場合、Aは追認を拒絶したものとみなされる。

4、Bが未成年者であった場合は、Cは、そのことについて、善意無過失であれば、Bに対して、無権代理人の責任を追及することができる。

5、Cは、Bに代理権のないことについて、善意無過失である場合は、Bに対して、代理権があると信じたことによって被った損害の賠償を請求できるが、有効な契約の履行があったのと同一の利益の賠償を請求することはできない。


胡桃「これも無権代理に関する基本的な問題だわ」
建太郎「おう。簡単だな」

続きを読む
posted by 判例六法ラノベ化プロジェクトチーム at 08:57| 司法試験入門問題

2019年04月23日

権利の変動 1−34 #司法試験 入門 択一式 #民法 オリジナル問題

次の記述のうち、間違っているものはどれか。

1、表見代理が成立する場合は、相手方は無権代理人に対して無権代理人の責任を追及することができない。

2、表見代理規定のうち、代理権授与の表示による表見代理は法定代理に適用する余地はないが、権限踰越による表見代理は、法定代理にも、適用することができる。

3、投資勧誘行為も、代理権踰越による表見代理の基本代理権となり、この権限を越えて代理行為がなされた場合は、権限踰越による表見代理が成立する。

4、代理人が権限を越えて不動産を処分した場合は、その処分の相手方が無権代理であることについて、善意無過失でない時は、それ以降の転得者が善意無過失でも権限踰越による表見代理は成立しない。

5、当事者の一方が、相手方の代理人として売買契約をすることは、原則として禁止されるが、本人があらかじめ同意した場合は、このような契約の効果は本人に帰属する。


胡桃「これも基本的な判例の知識を問う問題だわ」
建太郎「おう。簡単だな」

続きを読む
posted by 判例六法ラノベ化プロジェクトチーム at 09:04| 司法試験入門問題