2019年06月23日

時効 1−55 #司法試験 入門 択一式 #民法 オリジナル問題

次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、乙が所有する土地を甲は所有の意思をもち、かつ、自己の土地であると過失なく信じて占有していた。甲の占有開始から3年が経過した時点で、乙が丙に本件土地を譲渡し、丙は、所有権移転登記を経由した。そのあとで、甲が土地を7年間占有した場合は、甲は丙に対して、時効取得を主張できる。

2、乙が所有する土地につき、甲は所有の意思を持ち、かつ、自己の土地でないことを知りつつ、占有していた。甲の占有開始から21年が経過した時点で乙が丙に本件土地を譲渡し、丙は所有権移転登記を経由した。その後、甲が土地を9年間占有した場合は、甲は丙に対して、時効取得を主張できる。

3、乙が所有する土地につき、甲は所有の意思を持ち、かつ、自己の土地であることを過失なく信じて、占有していた。甲の占有開始から12年が経過した時点で、乙が丙に本件土地を譲渡し、丙は、所有権移転登記を経由した。さらに、甲が本件土地を自己の所有であると過失なく信じたまま、12年間占有した場合でも、甲は丙に対して、時効取得を主張できない。

4、乙が所有する土地について、甲は所有の意思を持ち、かつ、自己の土地であると過失なく信じて、占有していた。甲の占有開始から12年が経過した時点で、乙が死亡し、丙が乙を相続した。その後、甲が土地を8年間占有した場合は、甲は丙に対して時効取得を主張できる。

5、乙が所有する土地について、甲は所有の意思を持って、かつ、自己の土地であると過失なく信じて占有していた。甲の占有開始から12年が経過した時点で、乙が丙に本件土地を譲渡し、丙は、所有権移転登記を経由した。その後、甲は本件土地を自己の土地であると過失なく信じたまま8年間占有し、本件土地を現在、丙が所有していることを知っている丁に売却した。丁が本件土地を3年間占有した場合でも、丁は丙に対して、土地所有権の時効取得を主張できない。


建太郎「むむっ。設定が細かいな」
胡桃「それでも基本的なことを聞いているだけよ」


続きを読む
posted by 判例六法ラノベ化プロジェクトチーム at 19:25| 司法試験入門問題

2019年06月21日

時効 1−54 #司法試験 入門 択一式 #民法 オリジナル問題

次の記述のうち、間違っているものはどれか。

1、債権は原則として取得時効の対象とならないが、不動産賃借権は、不動産を占有使用することを内容とするから、例外的に取得時効の対象となる。

2、取得時効における占有者の善意無過失は、占有の初めにおいて問題になる。これは、占有が承継され、承継された占有が合わせて主張される場合も同様であり、例えば、前占有者が占有の初めは、善意、無過失であったが、承継人は悪意有過失であった場合でも、10年間の短期取得時効が認められる。

3、不動産には、10年の短期消滅時効を認める明文がある。動産には、このような明文はないが、10年の短期取得時効が認められる。

4、取得時効の要件である所有の意思の有無は、占有取得の原因たる事実によって、客観的に定められる。例えば、賃借人や盗人には所有の意思がないとされているが、譲受人にはあるとされている。

5、占有者が任意にその占有を中止したときは、時効は中断される。また、占有者が他人にその占有を奪われた時にも、原則として時効は中断される。

胡桃「何の問題かわかるわね」
建太郎「取得時効の問題だな」

続きを読む
posted by 判例六法ラノベ化プロジェクトチーム at 20:56| 司法試験入門問題

2019年06月20日

時効 1−53 #司法試験 入門 択一式 #民法 オリジナル問題

1、AはBに対する債権をCに譲渡した。その後、AがBに対して、その譲渡の通知をすると、債権の消滅時効完成猶予の効力が生じる。

2、成年被後見人BがAに対する債務を承認した場合において、成年後見人がその承認を取り消した場合は、債権の消滅時効完成猶予の効力が生じない。

3、AのBに対する債権について、Cはその所有する土地にAのために抵当権を設定した。この場合、Aによる抵当権の実行があると、被担保債権の消滅時効は中断するが、時効中断の効力発生時は、競売申し立ての時にさかのぼる。

4、AはBに100万円の貸金債権を有していた。弁済期から3年後にBが30万円の弁済をした場合は、これにより残額の70万円について消滅時効完成猶予の効力が生じるが、30万円の弁済の時点から新たに消滅時効が進行する。

5、AはBに対する債権について履行を求める訴えを提起したが、この訴えが棄却された場合でも、債権の消滅時効完成猶予の効力が生じる。


胡桃「これも基本的な問題だわね」
建太郎「おう。簡単だな」
続きを読む
posted by 判例六法ラノベ化プロジェクトチーム at 20:35| 司法試験入門問題

2019年06月19日

時効 1−52 #司法試験 入門 択一式 #民法 オリジナル問題

次の記述のうち、間違っているものはどれか。

1、Aは、BのCに対する債務を担保するために、自己の所有する土地に抵当権を設定した。BがCに対して、債務を承認した場合でも、Aに消滅時効完成猶予の効力は生じない。

2、AはBに対して、金銭債権を有していた。BがAに利息を支払っただけでも、当該金銭債権の消滅時効完成猶予の効力が生じる。

3、AはBのCに対する債務を担保するために、自己の所有する土地に抵当権を設定した。その後、AがCに対して、Bの債務を一部弁済しても、CのBに対する債権の消滅時効完成猶予の効力は生じない。

4、AはBに対して、債権を有していたところ、Bは唯一の資産である土地をCに贈与した。そこで、AはCに対して、詐害行為取り消しの訴えを提起した。この場合、AのBに対する債権の消滅時効完成猶予の効力は生じない。

5、AはBから金銭を借り入れるために、自己の所有する土地に一番抵当権を設定した。さらに、Aは、Cから金銭を借り入れるために、二番抵当権を設定した。二番抵当権の設定により、BのAに対する債権について、消滅時効完成猶予の効力が生じる。


胡桃「これも基本だわね」
建太郎「おう。判例の知識を問う問題だな」
続きを読む
posted by 判例六法ラノベ化プロジェクトチーム at 20:12| 司法試験入門問題

2019年06月18日

時効 1−51 #司法試験 入門 択一式 #民法 オリジナル問題

次の記述のうち、間違っているものはどれか。


1、売買予約に基づく所有権移転請求権保全の仮登記の経由された不動産に抵当権の設定を受け、その登記を経由した者は、予約完結権の消滅時効を援用することができる。

2、土地の所有権を時効取得すべき者からその土地上に同人の所有する建物を賃借している者は、右土地の取得時効を援用することができる。

3、物上保証人は、債務者の消滅時効を援用することができるが、物上保証人が援用しない場合、物上保証人の金銭債権者は、物上保証人が無資力の場合に限り、代位によって援用権を行使できる。

4、債権者が連帯保証人に対して裁判上の請求をした場合は、主たる債務の時効完成猶予の効力が生じる。

5、連帯保証において、主たる債務者が債務を承認した場合は、連帯保証債務の時効完成猶予の効力が生じる。


胡桃「これも簡単だわね」
建太郎「消滅時効の問題だな」続きを読む
posted by 判例六法ラノベ化プロジェクトチーム at 20:21| 司法試験入門問題

2019年06月17日

時効 1−50 #司法試験 入門 択一式 #民法 オリジナル問題

次の記述のうち、間違っているものはどれか。

1、Aは、一回でも支払いを怠ったら、B銀行の請求により、直ちに、残金全額を弁済すべき旨の特約をした割賦払い契約により、B銀行から借り入れをしたが、Aは、第一回以降何ら割賦金の支払いをしなかった。この場合、一回の不払いにより、その時点から直ちに、残金全額について、消滅時効が進行する。

2、Aは、その所有する宝石をB宅で代金と引き換えに引き渡す約束で、Bに売却した。Aが履行期に宝石の引き渡しをしなかった場合は、Aの代金債権の消滅時効は履行期の徒過により進行する。

3、BのCに対する債務の保証人Aが保証債務を履行した場合は、AはBに対する求償権を取得するが、この請求権の消滅時効は、保証債務を履行した時から進行する。

4、Bの旅行中に、Aが運転を誤って自動車をB宅に衝突させ、その塀を破損した。この場合、BのAに対する損害賠償債権の消滅時効は、事故の時から進行する。

5、AはBとの間でBが大学に合格したらBに腕時計を贈与する旨の契約を締結した。Bが大学に合格した場合は、Bの腕時計引き渡し請求権の消滅時効は、Bの合格時から進行する。




胡桃「これも簡単だわね」
建太郎「おう。基本的な問題だな」

続きを読む
posted by 判例六法ラノベ化プロジェクトチーム at 20:33| 司法試験入門問題

2019年06月06日

時効 1−49 #司法試験 入門 択一式 #民法 オリジナル問題

次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、令和元年5月1日に、Aは、叔父から10万円を借りたが、その際返済期日を令和元年7月1日とし、同日に叔父がA宅に取りに来るとの約定がかわされた。この場合は、叔父が令和元年7月1日を過ぎても取りに来ない場合は、消滅時効は、令和元年7月2日から進行するが、令和元年7月1日を過ぎても履行遅滞にならない。

2、令和元年5月1日に、Aは、叔父からその所有する自動車を10万円で売ってもらうこととした。なお、履行期は定めていない。Aに10万円の用意ができた令和元年7月1日に叔父のところに車を引き取りに行ったが不在だった。この場合、自動車の引き渡し債務の消滅時効は、令和元年7月1日から進行し、令和元年7月2日から履行遅滞となる。

3、令和元年5月1日に、Aは、Bの車にひき逃げされて、翌日、Bが捕まったとの連絡を受けた。Aは事故による治療費をBに請求する場合、その請求権の消滅時効は、令和元年5月3日から進行し、この債務は、令和元年5月1日から履行遅滞となる。

4、令和元年5月1日に、Aは叔父に大学卒業後に車を贈与してもらう約束をした。Aは無事に、令和2年3月28日に、卒業したので、翌日、叔父のところに車を引き取りに行ったが不在だった。この場合、自動車の引き渡し債務の消滅時効は、令和元年5月1日から進行し、令和2年3月28日から履行遅滞となる。

5、令和元年5月1日に、Aは叔父から、祖父が亡くなったら、土地を分けてやるとの約束を受けた。祖父は、令和元年7月1日に、Aと叔父が見守る中、亡くなった。この場合、引き渡し債務の消滅時効は、令和元年5月1日から進行し、令和元年7月2日から履行遅滞となる。


建太郎「むむっ。設定が細かい問題だな」
胡桃「それでも基本的な内容が理解できていれば簡単な問題だわ」
続きを読む
posted by 判例六法ラノベ化プロジェクトチーム at 21:07| 司法試験入門問題

2019年06月05日

時効 1−48 #司法試験 入門 択一式 #民法 オリジナル問題

次の問答の正誤を答えよ。

問答1
胡桃「民法166条1項二号によると、消滅時効は、権利を行使することができる時から進行することになっているけど、債権者が権利を行使することができるってどういう意味?」

建太郎「一般に、法律上の障害がなくなった時を意味しているよな。例えば、期限付き再建において、期限が到来した場合だ」

問答2
胡桃「同時履行の抗弁権は、法律上の障害にあたるかしら?」

建太郎「あたるな。債務者は同時履行の抗弁権を主張して、債務の履行を拒絶できるんだから」

問答3
胡桃「Aさんが死亡後1年以内に履行すべき債務をBさんが負担した場合は、この債権の消滅時効の起算点は何時かしら?」

建太郎「Aが死亡したことをBが知った時から5年。あるいは、10年と考えていいんじゃないか」

問答4
胡桃「AB間の売買契約がBの責めに帰すべき事由によって履行不能となった。この場合Aの取得する損害賠償請求権の消滅時効の起算点は何時かしら?」

建太郎「履行不能による損害賠償請求権は、本来の履行請求権が変形したものだから、本来の債務の履行を請求できる時が、消滅時効の起算点になるな」

問答5
胡桃「じゃあ、不法行為に基づく損害賠償請求権の短期消滅時効の起算点は何時かしら?」
建太郎「被害者またはその法定代理人が、加害者または損害をした時だな」

続きを読む
posted by 判例六法ラノベ化プロジェクトチーム at 22:18| 司法試験入門問題