今日の問題」カテゴリーアーカイブ

民法24判例六法

★今日の問題★次の記述の正誤を答えよ。 債権者が、根抵当権の極度額を超える金額の被担保債権を請求債権として当該根抵当権の実行としての不動産競売の申立てをし、競売開始決定がされて同決定正本が債務者に送達された場合、被担保債… 続きを読む »

民法23判例六法

★今日の問題★次の記述の正誤を答えよ。 債権者が主たる債務者の破産手続において債権全額の届出をし、保証人が、債権調査期日終了後に債権全額を弁済した上、破産裁判所に債権の届出をした者の地位を承継した旨の届出名義の変更の申出… 続きを読む »

民法22判例六法

★今日の問題★次の記述の正誤を答えよ。 Aは、甲土地を所有していると確信しており、Bに対して、所有権に基づく登記手続を求める訴えを提起したが、Bが所有権は自らにあると主張して、請求棄却の判決を求めた。この訴訟において、B… 続きを読む »

民法21判例六法

★今日の問題★次の記述の正誤を答えよ。 境界確定の訴えの提起によつて、所有権取得時効の完成を猶予する効力が生じるが、その後、訴えを所有権確認の訴えに交替的変更した場合は、取得時効完成猶予の効力が失われる。 10秒で考えよ… 続きを読む »

民法20判例六法

★今日の問題★次の記述の正誤を答えよ。 債務者が、消滅時効完成後に債権者に対し、債務の承認をした場合には、時効完成の事実を知らなかったときでも、その後、その消滅時効を援用することはできない。 10秒で考えよう。よーいドン… 続きを読む »

民法19判例六法

★今日の問題★次の記述の正誤を答えよ。 他人の債務のために自己の所有物件に抵当権を設定した物上保証人は、被担保債権の消滅時効を援用することができるが、物上保証人の債権者は、自己の債権を保全するに必要な限度でも、物上保証人… 続きを読む »

民法18判例六法

★今日の問題★次の記述の正誤を答えよ。 農地の売買において、買主が売主に手付を交付した上で、農地法第三条の許可を得ることを停止条件として締結した契約は有効であるから、買主が約定の履行期後、売主に対し、しばしばその履行を求… 続きを読む »

民法17判例六法

★今日の問題★次の記述の正誤を答えよ。  Aが死亡し、BCDが相続人になった。 Aの生前に、Bは、A所有の甲土地について、自分に代理権が与えられていると詐称して、第三者Eへの自らの債務を弁済するために、甲土地をAからEに… 続きを読む »

民法16判例六法

★今日の問題★次の記述の正誤を答えよ。 偽造文書によつて登記がされた場合でも、その登記の記載が実体的法律関係に符合し、かつ、登記義務者において登記申請を拒むことができる特段の事情がなく、登記権利者において当該登記申請が適… 続きを読む »

民法15判例六法

★今日の問題★次の記述の正誤を答えよ。 同族企業の甲会社に勤務するAは、現在、係長の職位に過ぎないが、社長の息子であり、将来は、社長になるものと目されている。このような事情のもとでは、Aが係長名義でした契約について、取引… 続きを読む »